2016年1月15日金曜日

RC EYE ONE XtreamのFutabaT10J対応

RC EYE ONE Xtreamのプロポがプレステみたいで操縦にかなり苦戦しているので、RCチャンプで激安売りしていたFutaba T10Jへの換装を行いました。

RC EYE ONE XtreamはバギーのESCと違って基盤とかネジがかなり細かいです(*´ο`*)


作業自体はそこまで難しくなくFutabaの受信機はS-BUSという信号しか受け付けず、RC EYE ONE XtreamはPPM信号しか受け付けないそうなので、コンバーターケーブルを使って変換することでFutabaの受信機が使えるようになります。

PPMコンバーター


このケーブルを経由してFutaba受信機と、RC EYE ONE Xtreamを接続します。
機体が小さいので長い配線を綺麗にするのにも一苦労です^^;


そしてT10Jとペアリングして、マルチコプターモードにして初期セットアップ。



1点ハマった所があって、販売元のHitecさんにまで問い合わせた結果、どうしようもないミスをしていました。
しょーもないですが、多分同じミスする人いるんじゃないかな^^;


PPMコンバーターに向きがあったのです。
片方にSBUSと記載があり、もう片方にPPMと書かれている事に気が付きませんでした。

画像荒いですが、左がSBUS(受信機)、右がPPM(RC EYE ONE)となっています。

正しく配線が出来て、T10Jとペアリングが出来たら初期セットアップ開始。


□備忘録
バッテリー横のペアリングボタンを長押しして、赤点滅になったら以下のとおり操作。
(赤点滅しない場合はFutaba受信機認識してない)

それぞれ設定が終わると、点滅回数増えていきます。

スロットル (スロー、フル一往復)→ ラダー(左全開) → エレベーター(ダウン全開) → エルロン(左全開) → フライトレベル(3ポジション一往復) → フライトモード(3ポジション一往復)の順にT10Jを操作していきます。

最後にジャイロイニシャライズのため、エレベーターダウン、エルロン右を同時打ちで完了。

動作確認として、エレベーターアップ、エルロン右打ちで、LEDのON・OFFが正常に動けば設定OK!


□設定動画(tooru417さん公開)

今週末は日曜日しか休みないけど、飛ばしに行けるかな^^

DJI Phantom3Proで動画とって、ちょっと空いた時間にRC EYE ONE飛ばしてと楽しめそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿