2016年1月19日火曜日

TLR 22 3.0組み立て開始!(BAG C)

ドローンにスキーにレースにと、大忙しですが時間を作れたのでTLR 22 3.0の組み立てを続けます。

TLR 22 3.0良い!という意見も多いので早く走らせてみたいです。

今回はリアショックタワーから


リアショックにキャンバーブロック取り付け用のナットが嵌めこまれていました。
この仕組だとB5Mと違ってギアボックス取らずに簡単に外せますね。

以前作ってあったリア・サスペンション周りを取り付けて完成。



もう、ほとんど形になりましたヽ(´ー`)ノ




続けてBAG-Dのギアボックス周りを作成。


標準は3ギアで、オプションで4ギアセットが有るようで、デフカップのデフリング接触部分が綺麗に削られていますね。

デフリング自体もB5Mとは素材感が違います。


こちらはギアボックス周りのパーツ一式。


トップシャフトはアルミ製のようで、かなり軽量な5.3グラムでした。


ギアボックスの中身はブラックグリス指定。
グリーングライムや、シリコングリスだったりフッ素系など色々試してきましたが、実はブラックグリスは初めて。

確か金属製のアイドラギアもありましたよね。
ブラックグリス塗って3ギアだったら有りかも!

あとスリッパーも特徴的ですね。
パットに当たる部分に溝が切られていますが、その効果は良くわかりません^^;


サクサクと何も不具合無しに組み上がって完成です。


3ギアのケースはかなり小さいですね。


デフへのアクセスは、シャーシ裏のネジ6本と、リアショックタワー2本、ギアボックス3本のネジを外すだけです。

お次はショックの組み立てBAG-Eに入ります^^





0 件のコメント:

コメントを投稿