2016年6月27日月曜日

レース用ドローン機 DALRC XR215全体組み

早く飛ばしたいので、サクサク組み立てて行きます。

モーターと、ESCの配線加工と、配置が終わったので次はドローン制御の要となるフライトコントローラー(FC)の配置に移ります。

こんな3cm程度の小さな基盤なのですが、これがセンサー類の塊。

機体と、FC、送信機を接続して、プロポとペアリング。
配線が細くて引っ掛けたりすると断線しそうで怖い^^;

ここで問題発生!!
機体中央の電源基板の上にFCを設置する予定で組んでいたのですが、なんか、支柱?の高さが足りなくて、基盤同士がぶつかっちゃう;;

数ミリなんだけど、無理してショートとかしちゃったらヤバイ!

ということで、この支柱部品を探したんですけど、無かったのでFCをケースに入っている状態に戻して機体に両面テープでくっつけました。

で、配線整理してないけど大体完成!


機体の上に乗っているのはバッテリー。
本当、モーターとバッテリー、カメラのったカーボン板が飛ぶ感じです^^


配線整理して、あとはFCの設定。
FC設定苦戦しそうだなあ・・・


0 件のコメント:

コメントを投稿